テレクラというのは、テレフォンクラブの略称であり、店舗やサイトなどがあるサービスとなっています。しかし、それらを利用している方の中には、歴史について知らない方も多いかもしれません。今回は、テレクラの歴史について説明するので、普段使っている店のことをもう少し理解してみてはいかがでしょうか。

テレクラの歴史

テレクラというのは、もともと1980年代に流行り出したもので、当時は社会現象になるまで利用者が激増した歴史を持っています。1985年に風俗営業法改正によって注目され、人気の風俗として注目されるようになったのです。出会い系などが台頭してきたことで勢いは落ちてきたものの、それでもまだまだ根強い人気のあるサービスとなっています。

全盛期には利用者自体がとても多かったため、どのような女の子とも出会うことができると言われており、出会いを求める若者で溢れていました。店舗はもちろん、近年は全盛期から落ち着いてきたものの、テレクラサイトなどの台頭によってさらに注目を集めています。気になるという方は、まずは気になる店舗やサイトを見つけてみて、利用してみるのも良いでしょう。

社会現象になったテレクラ

風俗が一大ブームとなるのには、色々な理由があります。例えばテレクラが一大ブームになったのは、その手軽さと出会いやすさにあります。風俗というジャンルでありながらも根本的には違っていて、誰もが親しみを込めて利用できる点が人気に火をつけたのです。それに、店のキャストとは違って、素人の女の子と出会えるということからも、男性の多くが注目して利用するようになっていきました。

もちろん女性も様々な出会いを求めて利用するようになり、一時期は街中にテレクラが溢れるという事態にまでなりました。もちろん、街中で出会う人々も多く、中には1度の電話で複数の女性とアポを取り、遊びまくっていたという男性もいるくらいです。そういったことが人気にさらに拍車をかけ、一大ブームとなったのです。

ページの先頭へ